じゃがいも各種

今日のお野菜の紹介はじゃがいもです。

皮が赤いじゃがいも。アンデス、またはアンデスレッドと言います。

こちらも前回の赤かぶに引き続き、皮にアントシアニンを含みます。

中身は黄色っぽい色です。

生命力たくましく、収穫して土蔵で追熟させていると、あっという間に発芽してきてしまうので、今期は専用冷蔵庫で追熟させています。

 

味わいは、ねっとりまではいきませんが、さつまいものとまではいきませんが、しっとりしていて甘み旨みがあります。

わが家では、オリーブオイルで焼いてハーブ塩で頂きますが、お客さん情報では、じゃがバターにしたらとっても美味だ、そうです。

こちらは、デジマ。

もともとじゃがいもは、国内では北海道が主要な産地となっているように原産がアンデスの高地のため、冷涼な気候を好みます。

そしてこのデジマは、温暖な地域の栽培に適するよう育種された品種です。

 

こちらはさらっとした癖のない味で、煮崩れしにくく、カレー、シチュー、お鍋などにしてもホクホクです。

 

このデジマを親に持つニシユタカという品種も栽培していますが、見た目はこのデジマと同じ。

味の印象も似ていますが、ニシユタカの方はじゃがいもらしい風味と肉質のキメ細かさが特徴でしょうか。

 

いずれにしても、無肥料で、排水の良い乾燥気味の畑で栽培されたじゃがいもは、肉質緻密で濃厚な味わいです。