自然耕

比較的、畑としての歴史が浅い、硬い粘土質土壌の畑。

最初に立てた畝を3年間崩さずに草を生やしながら栽培しています。

 

草の根や枯れ草層のおかげで、表土数cmは団粒化し始め、作物の草丈もそれに比例して伸びてきています。

 

そして、今季は、さらに酸素が入りやすい、植物が根を張りやすい土へと育ってくれるように、ヘアリーベッチとライ麦の根にその下の層を耕してもらいます。