自家採種のそらまめ

わずかな量ですが自家採種して3年目のそらまめ。

今年はそらまめにとっては新しい畑に植えてみました。

 

こちらが自家採種の桑田お多福くん(3歳)。 

 

そして、こちらが今年、購入した種を播いたお多福そらまめちゃん。

自家採種そらまめに比べると少し小ぶりです。

 

畝全体をみると、自家採種と購入種子では、はっきりとした生育の違いが見てとれます。

 

購入種子は、一般栽培で育ったものだと思われますから、農薬・肥料のない、また野草と根はりを競合しなければならない環境に適応できていないことが生育の差としてあるのかも知れません。

また自家採種のそらまめは、昨年までは別の砂地の痩せた畑で育ち、鍛えられていたので、その環境に比べれば、もう少し肥沃なこの畑では少し伸び伸びできて生育が良いのかも知れません。

 

自家採種は、作物によっては意外と難しく、また、ただ単に種を採れば年々、良くなっていくというものでもないようにも感じていますが、出来うる限り、野草のようにたくましく育った種を紡いでいけたらと思います。