農園について


プロフィール

桑田 良平

 

交通事故にあった際、手に持っていた自然農で育った大根と水菜がクッションになって命が助かったことを機に、農業を志しました。

柏原自然農塾、株式会社マイファーム、JAはくい主催木村明則自然栽培塾などで学び、2013、耕作放棄地を開墾して当園は始まりました。

草や小動物や虫や微生物たち…多様ないのちの営みが豊かな土壌を育み、それによって野菜は自然に自身の力で育つことができます。

こうして与えてくれる自然の恵みが、私たち家族が頂くのと同じように、食べてくださる方々の喜びとなり、健康のお役に立つことが出来れば嬉しく思います。



お届けのお野菜について


○すべて無農薬・無除草剤・無肥料で育っています。

○タネは、固定種・自家採種の種です。

○サイズ・形は様々。畑で育ったそのままの個性豊かなお野菜です。

こちらでご案内している野菜セットとは別に、飲食店さん等向けの業務用や加工品の一部につきましては、一部F1種を使用しています。


栽培方法について


農薬・肥料・除草剤などを使用せず、水やりもよほどの場合以外は基本的には雨水任せの自然栽培・自然農法です。

野草を始めとする多様な生態系が豊かな土壌を育むと考え、野草と野菜が共生する自然を主体にした栽培方法です。また野草をお手本にして、その土地に適した作付けを心掛けています。そして土の状態に応じて、耕さない、もしくは浅く耕して作付けするようにしています。

野菜自身の力と、自然にゆだねるようなこの栽培では、肥料やビニールマルチを使用する栽培に比べ、同じ一株の野菜でも収穫量は何分の一、何十分の一になることがあります。その点、生命力がぎゅっと凝縮したような野性味と深みのある味わいの野草のようなたくましい野菜に育ってくれることを理想としています。

また種については、一部を除いて、伝統野菜をはじめとした在来種・固定種を用いています。そして自然に近い栽培方法とこの土地の環境に適応した野菜に育っていってくれるよう自家採種を大切にしています。


作物の特徴


こうした環境で育つ作物は、与えられた肥料で育つのではなく、自身の力で根を伸ばし、細胞をじっくりゆっくり作り、作物本来のペースで生長していきます。そのため、細胞自体が緻密で、放置しておいても自然の草と同じように腐りにくく、枯れる、または発酵するという傾向が表れやすい作物となります。<腐敗実験>

また水を大気中から集めるため、葉茎に生えるヒゲはたくましく、葉自体にも厚みがあり、実のものは皮が厚くしっかりとしています。

また肥料などで旨みをのせるわけではないため、素朴ですっきりした味わいのものが多く、また作物によっては、多様な野草の根、微生物と共生するためか、単純に甘い辛いだけではない、複雑で野性味ある味わいになる傾向もあります。

葉物などは、一般のものと違い、自然の草と同じように、葉色が淡く若草色をしていることも特徴のひとつです。<成分分析結果のご報告>